古本の買取相場について

いつももう読まなくなった本ができると、古本の買取をしてくれる店に持っていくようにしています。本はたいてい新書で買って、カバーを掛けて大切に読んでいますから、いらなくなったとはいえ、キレイな状態を保っています。そのため、おそらく店頭に並んだとしても、欲しいと思って手に取るお客さんにとって状態の良い本であることは間違いないと思います。けれども本というのは買取相場はそれほど高くはなくて、ハードカバーでも100円もつけばいい方です。よほど話題の作品で、しかもまだ新書が売れている状況で持ち込めば、もっと高い値段が付くのかもしれませんが、そういう時はまだ手放さないこともあって、いくらの値段がつくかも正直言ってわかりません。どちらかというとベストセラー本にはあまり関心がなくて、スピリチュアルな本ばかり持ち込むからかもしれないとも思います。


古本の買取の相場について

昔は古本と言えば、本当に古くてボロボロになった難しい書物というイメージがありました。売る時は二束三文で、買う時は物凄い値段になったりしたものです。でも、店内も狭い場所に乱雑に本が積み上げられているようなお店でした。それに比べて、今の時代は、とても店内が明るくて広くて驚きました。売っている本も綺麗な物がほとんどで、まだ発売したばかりの新しい本まで売っていることもあります。新しいものは買取の値段も高く設定してくれているので、昔に比べて相場もずいぶん変わったと思います。売る方は少しでも高く売りたいですし、買う方は少しでも安く買いたいものです。そんなお互いの望みが叶うのが、最近の古本ショップなのです。今はわざわざ売りに行かなくても、インターネットで見積もりを出してもらって荷物を送るというシステムや、お店の人が家まで取りに来てくれるというシステムがあり、とても便利になったので、売り買いするのも楽になりましたね。


相場を知る事で古本を高く買取してもらう

査定でいい評価をもらえたら、いい買取の結果が得られるでしょう。ここをうまくやっていくためには、いろいろ相場を調べることが必要になってきます。そのためには、ネットできちんと調べるのが目標になると思います。いくらになるか把握していたら蔵書の処分もうまくいくことでしょう。考えてみると本の査定をネットでチェックするするのはありだと思います。高価に売れるなら、買取の際にもいい結果につながると思います。本の売却を考えるときに、近くの古本屋で言い値で処分してしまうのはどうなんでしょう。こういう時には高く売ることが出来ないですよね。意外といい値段で買ってくれるところもあることを認識しておきましょう。知らないことは機会を逃すことと同義語となります。機会を逃さないように自分なりの努力をしていくことが求められます。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*